7/5モナコ公国にてジャパンパーティを開催しました

慈善団体アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン(以下ASFIJ)では、7月5日(水)モナコ公国にてジャパンパーティを開催しました。
今年の2月に東京で開催された2nd Charity Gala Partyへご臨席いただいた旧ユーゴスラビア皇太子殿下がモナコのご自宅をアミチエジャポンに開放してくだったことからこのジャパンパーティが実現。日本から40名近くのアミチエメンバーがパーティへ出席しました。


ジャパンパーティでは、日本の夏祭りをイメージし、カラフルな提灯やコマ、けん玉、扇子などを使い会場をコーディネートしました。また、テラスのジャグジーにはヨーヨーも浮かべるなど、皇太子殿下のモダン&スタイリッシュなご自宅は、賑やかな雰囲気に。


この日のパーティは格式にとらわれない、カジュアルなプライベートパーティだったため、日本からの参加者の多くは浴衣や甚平を纏うなど、日本の雰囲気を演出。
日本のゲストからは皇太子殿下に「法被」をプレゼント。殿下はその場ですぐにお召しくださるなど、非常に喜ばれ、パーティを愉しんでくださいました。

この日のパーティでは、日本から持参した食材を使って和食をご準備しました。ASFIJメンバーで料理人の神田慎介さんが天麩羅や寿司、すき焼きなどの日本料理を振る舞うと、どのメニューも「美味しい」と評判で、すぐにお料理が完売するほどの人気。

会場にはイタリア、フランス、セルビア、モナコなど様々な国のゲストが集い、日本から持参したでんでん太鼓やヨーヨーなどの昔ながらのおもちゃで遊んだり会話を愉しんだりと、インターナショナルなジャパンパーティとなりました。

▼慈善団体アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポンでは、趣旨や活動にご賛同いただき、ご支援・ご協力いただける新規メンバーを募集しています。
http://amitiejapon.org/