モナコ少年合唱団「コンサート鑑賞&アフターディナー会」開催

13707541_1064664006943203_6110979704644750645_n

【ASFIJ東京支部 】

2016年7月22日(金)、日本とモナコ公国の国交樹立10周年を記念して、モナコ少年合唱団の日本公演が東京・紀尾井ホールにて開催されました。

30年振りとなる日本公演に伴い、一般社団法人アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン (ASFIJ)東京支部ではを開催し、メンバーと一般の方々合計20名の皆さまと天使の歌声を鑑賞しました。

モナコ少年合唱団はレニエ大公より1974年に命名された合唱団です。

100年以上続くモナコの教会音楽の伝統を受けており、ウィーン少年合唱団とも比類ない実力を持つとして、世界各地で高く評価されています。

コンサートでは少年たちの清らかで澄みきった天使の歌声に、参加された皆さまからは「少年たちの歌声に感動しました」「愉しかったです」「初めて少年合唱団の歌声を聴くことができたけれど、あまりの歌声の美しさに驚きました」などと感想が寄せられました。

終演後は、合唱団の少年たちと音楽監督のピエール・ドゥバ氏と一緒に記念撮影。

コンサート後は会場をレストランへ移し、コンサートの余韻も感じながら、モナコで7月の初旬に開催されたガラパーティーやガーデンパーティー、ダンスパーティーなどのお話をご紹介させていただきました。

また、ご出席の皆様には7月のモナコ滞在からのお土産をプレゼントさせていただきました。

ASFIJでは、東京支部・大阪支部・福岡支部にて来月以降も様々なイベントやファンドレイジングパーティーを開催する予定でございます。どうぞ愉しみにお待ちください。