【第1期スカラシップ研修】2日目(1)

慈善団体アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン(以下アミチエジャポン)のスカラシップ制度 第1期プログラムでモナコ公国に滞在している研修生は、王宮からほど近い「海洋博物館」を鑑賞に訪れました。
  
「海洋博物館」は、海洋学者としても知られたモナコ大公・アルベール1世の命を受け1910年に開館したもので、サンゴや微生物を含めた生態系をそのまま再現する珍しい展示があるなど、学術的価値の高い施設としても知られています。
  
アミチエジャポンでは毎年「皇居勤労奉仕」に従事しており、その際の天皇皇后両陛下のご会釈では、陛下が19歳の時にこの海洋博物館をご訪問されたことがあるとのお言葉を賜りました。
  
そのようなエピソードも聞きながら、研修生たちは博物館を見学。建物の美しさに感嘆し、地中海ならではの海の生態系に触れるなど、見聞を広めました。

◆スカラシッププログラムの活動内容は、随時Facebookでご紹介させていただきます。