【2020年9月15日】アミチエジャポンよりレバノン国への寄付を行いました

8月4日に起きたベイルートの大爆発は、6,000人以上が負傷、死者は220人以上にものぼる大惨事となり、30万人以上が家を追われ、ベイルートで避難生活を送る約20万人の難民にも爆発の被害は及んでいるそうです。
大爆発被害への支援のため、アミチエジャポンはレバノン国へ寄付をすること決定いたしました。

9月15日その報告のためにアミチエジャポンの名誉顧問デヴィ夫人とともに
レバノン大使館 二ダル ヤヒヤー特命全権大使にお会いし寄付の目録を直接お渡しさせていただきました。

なくなった方々のご冥福をお祈りするとともに、1日も早い復興を心より願っております。