7月10日(土)モナコ公国にて、「アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル」30周年祝賀ランチパーティ が開催されました。

アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル(ASFI)は、1991年に、モナコ人のレジーヌ ウェスト ヴァルドンによって設立された人道支援の団体です。今年2021年にちょうど30周年を迎えます。30年間モナコ公国に本部をおき、基本理念である「道徳、寛容、友情」の精神に則り、ファンドレイジングによる人道支援活動を続けてきました。

その記念すべき30周年記念のパーティが、7月10日(土)モナコ本部のあるエルミタージュホテルの「ベルエポック」にて開催されました。

パーティはASFI創始者のレジーヌ ウェスト ヴァルドンによる挨拶でスタートいたしました。今回のパーティには、モナコ公国の国家元首でありASFIの名誉顧問総裁であるアルベール大公がご出席されました。新規メンバーに向けてのエンブレム授与式では、アルベール大公よりエンブレムの授与がなされました。
パーティには、モナコ、イタリア、パリから約150名のアミチエメンバーが参加しました。パーティの様子を動画にてご覧ください。

また、ASFI創始者のレジーヌ ウェスト ヴァルドンによりアミチエジャポン代表理事 畑中由利江とアミチエジャポンのメンバー様にメッセージを頂いております。
ぜひご視聴くださいませ。