【モナコ本部】2022年2月5日(土)モナコ本部主催のチャリティーガラパーティが開催されました

2022年2月5日(土)アミチエ ソン フロンティエール インターナショナルモナコ本部主催のチャリティーガラパーティが、本部があるモナコ公国のエルミタージュホテルにて開催されました。

今回のパーティでは、アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル創設者のマダムレジーヌが、モナコ公国より L’ORDRE DE “SAINT CHARLES (聖シャルル騎士団) の最高の位であるGrande de Commandeur (グランド コマンドール・最高司令官) を授与されたお祝いも同時に行われました。
パーティには、モナコ本部・イタリアのミラノ支部・フィレンツェ支部のメンバー様が集まり、約120名が出席されていました。

マダムレジーヌのメッセージから始まったパーティは、エンブレム授与式、支部の紹介、そしてマダムレジーヌのお祝いと、UNHCRからアミチエジャポンへのお礼の動画、トンボラ、アミチエソングで終了しました。

エンブレム授与式では、マダムレジーヌ自らが新しいメンバーにエンブレムを授与され、日本でもお馴染みの誓いの言葉が交わされます。マダムレジーヌの声で「Justice」 「Tolérance」「 Amitié」を聞くことができたことはとても感慨深く、改めて「道徳」「寛容」「友情」の大切さを感じました。


支部の紹介では、マダムレジーヌがアミチエジャポンをご紹介くださり、アミチエジャポンには5つの支部があることもお伝えくださいました。
今回はコロナの影響で参加がかないませんでしたが、アミチエジャポンの皆様への心遣いがとてもありがたく、そしてアミチエジャポンのことを大切に思ってくださっていることが伝わってきました。

UNHCRからの動画では、マダムレジーヌへのお礼の言葉とアフガニスタンの現在の情勢が報告されました。アミチエがUNHCRに寄付をしていることで、アフガニスタンの子供たちの助けになっていることを実感することができました。

パーティの最後ではマダムレジーヌがマイクを持ち、大きな声でアミチエソングを歌われ、それに続けとメンバーの皆様が合唱、会場がひとつになりました。

今回のパーティは、メンバー同士が友情を深める時間が多く、皆様とアミチエという絆で繋がっていることを感じるとても温かなパーティでした。

今年の夏には、モナコのビーチ近くの会場でパーティを行う企画を考えているというお話も耳にしました。コロナの状況が落ち着き、海外への行き来ももっと自由になれば、ぜひ皆様もご参加ください。一緒にモナコの夏を愉しみましょう。